初心者でも安心!wifiレンタルサービスの選び方や申し込み方法などを紹介

wifiレンタルサービスは、ポケットwifi端末を一定期間レンタルして自宅や外出時にインターネットを利用できるようにするサービスです。
レンタルの申し込み方はサービスを提供している会社によって多少異なりますが、基本的には店舗に直接訪れるかウェブ上で手続きを行います。
手続き時に必要なものは本人確認書類と、毎年レンタル料を支払うための銀行口座番号かクレジットカードです。
昨今ではインターネットで簡単に手続きが行えます。

初心者でも安心!wifiレンタルサービスの選び方や申し込み方法などを紹介

wifiレンタルサービスは近年急激に増加しており、通信端末のビギナーでも簡単に手続きが行えるようになりました。
申し込み方法を把握できなくとも、近場の携帯電話ショップや家電量販店などでもwifiレンタルを取り扱っているため、インターネット上での操作が不安な人でも問題なくレンタルすることが可能です。
最も一般的な選び方は毎月にかかる料金で、お得なキャンペーンを行っているキャリアと契約するのが賢い選択と言えるでしょう。

まずはwifiレンタルサービスをよく比較してみよう

これからネットを利用するために、wifiレンタルサービスを利用するのであれば、業者選びは慎重に決めた方が良いです。
たくさんありますので、様々な項目を比較すると良いです。
料金が安いかどうかも大事ですが、ネットを利用した時にイライラすることがあっては困ります。
高速通信かどうかはチェックしておきましょう。
用途によってもプランが変わりますが、今ではネット配信動画を見る人が多いのでそう言う人は特に高速通信を選ぶ必要があります。
サポート体制も気になりませんか。
問い合わせた時に気持ちよく対応しているのかどうかも口コミサイトなどで確認してみてください。
また、wifiレンタルを解約する時に、機器の返却をどうやってするのかなども比較してみませんか。
今では宅配業者を利用するだけで良いことが多いですが、念のために確認した方が良いです。
様々な項目を比較してみると、かなり違いがあることがわかります。
最も良いと思ったところと契約しましょう。

利用日数からwifiレンタルサービスを選ぶ

wifiレンタルを検討したとき、何を基準に選ぶかということが重要になります。
レンタル機種やメーカーから選択をする人もいるでしょう。
反対に使用のしやすさやつながりやすさを重視する人もいますね。
もう一つの選択方法として、利用期間からwifiレンタルサービスを選ぶ方法があります。
利用期間が長くなればなるほど、レンタル料は安くなります。
しかし、利用日数が短いほど高いのが一般的です。
ただいきなり長い間レンタルするのも不安ですね。
そんなときには、まず1週間単位で契約をして、使い勝手に問題がない場合は、延長をして数か月レンタルすることもできるのです。
また利用日数でwifiレンタルをするときには、長めに設定しておくことが基本です。
もしも一日でも足りない時には延長の手続きをしなくてはいけません。
万が一返却が遅れたときにも延長料金を取られてしまうからなのです。
そのため、サービスを選ぶときには利用日数を考慮して選択することが重要です。

使いやすさからwifiレンタルサービスを選ぶ

wifiレンタルをするときに、どのような点に注意するべきか、一つポイントがあります。
それは操作性です。
レンタル機器には、さまざまなものがあります。
その中から操作性を見極めて選択することが簡単ではないかもしれません。
しかし広告やネットで検索すると、届いてからすぐに使用することが出来るとか、設定不要などの宣伝がかかれていることでしょう。
それを参考にして選択すると、すぐに使用できるものを選ぶことが出来ます。
いつもスマホでネットを利用している人は、なかなかwifiレンタルしてパソコンやタブレットというものを使いにくいかもしれません。
ヘルプデスクを利用することもできますが、直接設定してくれるわけではないので操作に不安がある人も多いでしょう。
操作の必要がなく、すぐに利用できるものを選択すれば、ストレスもありません。
またレンタルして不安なく使い始めることが出来ますね。
そのために自分にあった簡単なものを選ぶことが大切です。

wifiレンタルサービス選びの重要ポイントは料金

wifiレンタルは、期間・料金・対応エリア・通信容量・機種などを考慮しながら選ぶ必要がありますが、特に料金プランは重要なポイントになってきます。
wifiレンタルの場合、機種の性能によっては同じ料金で通信速度が異なる場合があるため、比較的新しく機種を揃えているレンタル会社を選ぶことがおすすめです。
また、送料をしっかりチェックしておくこともポイントで、wifiレンタルだと借り手側が片道の送料のみ負担する場合もあれば、往復の送料を負担する場合もあります。
送料のルールは、会社やプランによっても異なってくるので、レンタル会社を選ぶ際は送料込みの料金で比較することが重要になります。
しかし、レンタルサービス選びにおいて料金を考慮するのは重要ですが、料金だけを気にしすぎた結果、機種の型が古すぎて快適じゃなくなったり通信容量がオーバーして速度制限がかかってしまうなどといったこともあり得るので、あくまでも料金は一つの目安として選ぶことが大切になってきます。